日常記事を書くのに必要な最小限の知識

インストールが終わると管理画面が表示されます。

URLは、[WordPressをインストールしたURL]/wp-admin になります。

WS000539

左側の黒い背景の部分、サイドバーが管理メニューになっています。
今ログインしている人の名前が右上隅に出ています。ここのマウスポインターをもっていけばプロフィールを設定したりログアウトすることができます。

以降の説明で使うので、管理メニューについてみておきましょう。

[投稿]というのは、文字通り投稿を管理するところで、[投稿一覧][新規追加][カテゴリー][タグ]といったサブメニューがあります。
WordPressのカスタマイズが完成して日常の運用にはいれば、使うのはほとんどこのメニューだけになります。逆に言えば、カスタマイズにたずさわらない人もこのメニューに関しては知っておく必要があります。

[投稿]以外のメニューについては、カスタマイズの中で見ていきますので、ここではエンジニアではないコンテンツ管理者が使う内容に絞って見ていきましょう。

 

[投稿一覧]で投稿された記事が出てきます。
screen001
最初は Hellow world という記事が一つだけあります。
新しい記事を投稿するには、[投稿]-[新規追加]からでもいいですが、投稿一覧の画面の一番上に[新規追加]があるのでここからでもできます。
新しい記事を投稿していくと、この一覧表にどんどん追加されていきます。

各記事のタイトルの下には記事内容の先頭部分が表示されています。その下にマウスポインターをもっていくと、[編集|クイック編集|ゴミ箱|プレビュー]というメニューが現れます。

作成済みの記事を修正する場合はこの[編集]をクリックします。削除したい場合は[ゴミ箱]をクリックしてください。

[ゴミ箱]にすててもまだ完全に削除されたわけではありませんので、間違ってすててしまった場合は画面上の[すべて(n)|ゴミ箱(m)]とあるところの[ゴミ箱]をクリックすると、ゴミ箱にすてられている記事の一覧が表示されるので、記事タイトル下にマウスポイントで現れるメニューから[復元]を選択します。ここで[完全に削除する]を選ぶともう元に戻せなくなります。

記事の編集

それでは記事を編集してみましょう。
[新規追加]でもいいのですが、せっかくせすから「Hellow world」を書き換えてみます。

「Hellow world」の[編集]をクリックします。

screen002
「Hello world!」とあるところが記事のタイトルです。
その下の白い背景の大きなボックスが記事の編集ペイン、というか記事の本文を書く場所です。

エディッター

編集方法には「ビジュアル」と「テキスト」の2通りがあります。[ビジュアル]の方は、公開したときの見え方に近い(近いだけで同じではありません)画面で編集ができます。画像なども画像として表示されます。

「テキスト」の方は、HTMLを打ち込む形になります。タグなどを自由に書き込めるのでHTMLを知っている人には便利ですが、知らない人にとっては意味がありません。知らない人はビジュアルエディッターを使いましょう。

どちらを使っても同じ記事ですので、編集中に切り替えて使うこともできます。

下書き

長い記事を書く時、一旦中断してまた後で続きを書きたい場合があります。その場合は[下書き]をクリックすると、公開はされませんが下書きとして保存されますので、[投稿一覧]の中に表示されるようになります。

公開

公開するには青い[公開](※)をクリックすればいいのですが、その前に[プレビュー]でちゃんと意図したとおりの記事になっているか、見え方に問題はないかをチェックしましょう。

※ 公開済みの記事を修正した場合は、[公開]ではなく[更新]になっています。

記事の投稿・編集に関してはとりあえず以上です。最低限これだけでブログをはじめられるわけですが、このままでは全く色気がありませんので、これからぼちぼち修正していきます。

 

 

スポンサーリンク