WordPressとは

概要

WordPressは2003年に初版がリリースされたオープンソース(GPLライセンス)のソフトウェアです。もともとブログを念頭に開発されていたので、単にブログを書くだけならば、インストールするだけで、簡単に使えます。

WordPressに関する公式情報は、WordPress Codex で公開されています。

魅力は自由度の高さ

WprdPressでは、テーマを選択できます。

テーマというのは一種のサイトテンプレート(後述するテンプレートとは意味が違います)で、これによって外観がほぼ決まりますので、通常は最初に選択します。

ブログ以外での利用も可能

ほとんどのテーマはブログを想定して作られていますが、カスタマイズすることにより普通のホームページのような外観にすることができます。またコンテンツはHTMLで記述することもできCSSもカスタマイズ可能です。JavaScriptなどが使えるので、通常のホームページでできる外観や機能はどんなものでも手の入れ方しだいで実現できると言っていいでしょう。

WordPressのページ

WordPressのコンテンツは基本的には投稿記事ページと固定ページのいずれかで表示されます。

投稿記事ページというのは、その名のとおりで投稿した記事を表示するです。普通投稿記事はどんどん増えていきますので、その中から読みたい記事を選んで表示することになります。すなわち表示される内容は閲覧者の任意の選択によって毎回変わることになります。

しかし会社案内のページやお問い合せフォームのあるページは誰が見ても同じ内容でなければ困ります。そうした固定したコンテンツを表示させるために固定ページというのがあります。

管理画面

そうした固定ページの作成や記事の投稿は管理画面でおこないます。
管理画面は一般の閲覧者は見ることがない、サイト(ブログ)管理者だけの画面です。
通常、一般閲覧者が見る URL の後に、”/wp-admin” をつければアクセスできます。
もちろん管理者以外が入れないように、ユーザー名とパスワードで保護されます。

テーマ

テーマとはCodex日本語版によると、

簡単に言えば、WordPressのテーマシステムとはブログの「着せ替え」をするということです。ですが、ただの「着せ替え」以上のものを持っています。着せ替えというと、ただデザインが変わるというだけになってしまいます。WordPressのテーマは見た目の調整だけでなく、表示する内容も操ることが出来るのです。

ということです。
後でテンプレートということばが出て来るのでここで使いたくないのですが、誤解を恐れずにいうと一種のテンプレートです。別の言い方をすれば、後で説明するWordPressでいうところのテンプレートの集合体と言ってもいいでしょう。要はサイトの外観の大枠がテーマによって決まります。

標準でいくつかのテーマが入っているので、その中から選択して使うこともできますし、誰かが開発したテーマを無償もしくは有償でダウンロードして使うこともできます。

プラグイン

WordPressの機能を拡張するためのパーツと考えればいいでしょう。WordPressの人気の理由は、非常に多くのプラグインが開発されているということもあります。

その機能は実に様々で、後で説明するように簡単にお問い合せページを作成する機能を持ったものがあったり、記事の更新があったことをTwitterにツイートしたり、セキュリティを高めたり、実に多くのものがあります。

管理画面の中から簡単に検索してインストールすることができるので、PHP や CSS などをいじらなくてもかなりのことが出来るようになります。

ただし無償のプラグインについては、動作が保証されているわけではありませんので、WordPressのバージョンや使っているテーマとの相性でうまく動作しない場合もありますので、十分なテストが必要です。また悪意のあるソフトを混入させたプラグインが出回っているという話もありますので注意が必要です。

 

こうしたWordPressの要素を設定したり修正したりしていくことで、目的のサイトを構築していくことになります。

 

スポンサーリンク