子テーマ

さて「テーマ」についての記事でも少しふれましたが、WordPress(ここではgush2)をカスタマイズしていくには、通常 gush2 を直接修正するのではなく子テーマを作成してそれを修正していきます。
そしうて元のテーマを親テーマといいます。

なぜ親テーマを直接修正しないのかというと、親テーマは時々バージョンアップがおこなわれます。ところが使用中のテーマを新しいバージョンに更新すると、それまで修正した部分が初期状態にリセットされてしまうのです。子テーマをつくってそれを修正するようにすると、この問題が生じませんので、テーマをカスタマイズする場合は必ず子テーマを作りましょう。

子テーマの作り方

子テーマを作成する場所ですが、themes フォルダーの中に子テーマ用の空のフォルダーを作成します。親テーマと子テーマのフォルダーは同じ階層にあることになります。

フォルダー名はなんでもかまいませんが、gush2 の子テーマなら gush2-child とでもしておけばいいでしょう。

このgush2-childに必要なファイルを作成していきます。
基本的には作成しなかったファイルは親テーマのものが使われるようにします。ですから子テーマ用のフォルダーにあるのはカスタマイズされたファイルだけということになります。

作成した子テーマが管理画面でテーマとして認識されるには、スタイルシートとテンプレートが最低一つずつ必要になります。そしてもう一つ、たいていの場合 functions.php も用意しておくことになります。

では具体的の作成してみます。

style.css の作成

まずstyle,css を作成します。

中身はとりあえず以下のようにしておきます。

冒頭には、次のコメントを書きます。
重要なのは2行目の Template の部分で、ここには親テーマのフォルダー名を記述します。これで親子関係が判断されます。

一番下に、この style.css で定義されていないスタイルは親テーマのものを使うように、@import を書いておきます。

これ以降にカスタマイズで用いる CSS を書いていけばいいわけです。上の style.css の冒頭部分は最小限のものですが、正式には次のヘッダーで書き始めることが要請されています。

※ 尚保存するときは、原則としてUTF-8Nで保存してください。英数字だけの場合はSIFT-JISでも問題ありませんが、2バイト文字が混じると文字化けします。

最低限これだけあれば WordPress が子テーマとして認識してくれます。
しかし通常、カスタマイズというと CSS だけで済む話ではないので、閲覧者のブラウザーに向けて HTML を生成して送り出す PHP プログラムが必要になります。これは次の「テンプレート」の記事で説明します。

 

スポンサーリンク