カスタム投稿タイプを表示する

Custum Post Type UI というプラグインを使って、カスタム投稿タイプをつくり投稿できるようにしました。
しかしそれだけでは、投稿はできても投稿した記事を表示することができません。

まず、Post Type Slug が wordpress というカスタム投稿タイプに投稿された記事の一覧を表示できるようにしてみます。
そしてその記事をクリックそたら、記事の全文が表示されるようにします。

カスタム投稿記事一覧の作成

固定ページ、page_listbycat.phpを作ります。
テンプレート、Page.php をコピーしてリネームします。

固定ページでもループがはいってます。
最初にヘッダーがきて、次ぎに home 以外ならパン屑を表示させ、本体部分はいきなり
if( have_posts() ) で始まっています。
固定ページを表示させる場合、ページアクセス時にセットアップされるメインループは自分自身のクエリー結果になっており、内容が空っぽの状態で固定ページを表示させるとその固定ページのタイトルがひとつだけ表示されます。

ちなみに、page.php を何も修正せずファイル名だけを home.php と変えてやるとちゃんと POSTタイプの投稿記事タイトルが一覧表示されます。面白いですね。誰がこんな仕組み考えたんでしょ。しかしこれが初心者の理解を難しくしているという面もあるような気もします。

メインループで固定ページタイトルが表示された後で、”wordpress” というタクソノミーのカスタム投稿について、ターム別に投稿のタイトルを表示するループを回します。get_posts() という関数を使用していますが、get_posts() は、WP_Query を使用していますので、メインループの中には入れないようにします。

固定ページにサイドバースを出さないようにする為に、最後の get_sidebar(); は削除しておいてください。

なお個別の投稿記事ページの表示は、single.php で表示して良いのなら、何もする必要はありません。

スポンサーリンク