カスタムフィールド

これからレンタルサーバーの紹介記事を書くとしましょう。

レンタルサーバーの商品はたくさんあるわけですが、どれがどういった特徴を持っているのか、利点は何か、問題点はないのかなど選択のときに判断基準となる項目もたくさんあります。

WordPess のスタンダードな投稿タイプでは、タイトルと記事しかありませんから、比較検討するときに不便です。

サーバーを選択するときにポイントとなる高目をカスタムフィールドとして作ってみましょう。

概要
初期費用
費用(月契約)
費用(年間契約)
ディスク容量
転送量制限
利用可能DB数
マルチドメイン
バックアップ
WordPressの提供
転送量制限

使うのは、Advanced Custom Fields というプラグインです。

Advanced Custom Fields を有効化すると管理画面のサイドバーに[カスタムフィールド]が現れます。
クリックすると「フィルドグループ」というページになります。
新しく作るので[新規追加]をクリックし、タイトルを入力後[フィールドの追加]でカスタムフィールドを作成していきます。

タイトルは何でもいいのですが、分りやすいように「レンタルサーバー用フィールド」とでもしておきます。

フィールドには[フィールドラベル][フィールド名][フィールドタイプ]を設定していきます。[フィールドラベル]は目視用、[フィールド名]はコンピューターで認識させる名前ですので半角英数字、フィールドタイプは文字列だとか数値だとか画像だといかいうやつで、たくさんあります。リストから選択できるようになっています。

実はカスタムフィールドを使いこなすには、このフィールドタイプがキモです。

たくさんあるので全部説明していくと日が暮れるので(もう暗いですけど)、細かなはなしは別のサイトに譲るとして大事そうなところだけ書いておきます。

テキストというのは説明の必要はないと思います。
テキストエリアというのは、複数行の長いテキストですね。
数値はその名のとおり、最大/最小が指定できます。
メールはメールアドレス、形式チェックもしてくれます。
パスワードは入力内容が●で表示されます。まあ記事内で使うことはあまり無いでしょう。
Wysiwygエディタというのは、テキストエリアに書式などのツールバーがつたもので、本文と同じように入力/編集できます。
画像はローカルから画像をアップロードできるフィールドです。
ファイルも同じくファイルをアップロードできるフィールドです。
セレクトボックスというのはマイクロソフトなんかはコンボボックスと呼んでるやつです。ドロップダウンリストからデータを選択できます。
チェックボクスは、いわゆるチェックボックスですね。
ラジオボタンというのもラジオボタンというしかない。
真/偽というのは、見た目はチェックボックスですが、1(true)か0(false)かを返します。
ページリンクというのは、投稿や固定ページを選択できるセレクトボックスです。
投稿オブジェクトは、今までの投稿した記事やメディアまなどを選択できるセレクトボックスです。
関連というのは関連記事の設定ができます。
タクソノミーはタクソノミーのタームを選べるラジオボタンです。
ユーザーはWordPressに登録あsれているユーザーを選ぶセレクトボックスです。
Google Map はGoogle Mapを表示できます。Google Map の検索欄に相当する入力欄が表示され、住所を入力すると地図が表示されます。
デイトピッカーはその名のとおり、日付を選べるカレンダーです。
カラーピッカーも同様に色を選択できるカラーパレットです。
メッセージ
タブはフィールドをタブ形式にします。

フィールドが作成できたら、投稿画面との関連付けをおこないます。

「位置」というところで、

投稿タイプはそのまま[投稿タイプ]、その右側の比較演算子は[等しい]、そしてその右側の投稿タイプの選択で、[rentalserver]を選んでおきます。そうするとカスタム投稿タイプの “rentalserver” で新規追加または編集画面を出すと、上で定義したカスタムフィールドが並んでいるはずです。

もちろん、ここではカスタムフィールドを定義して入力できるようにするところまでです。
入力されたカスタムフィールドをどう表示するかはテンプレートの問題でした。
今の段階では、カスタム投稿タイプ rentalserver 用のテンプレートは作成していないので、投稿編集画面で[プレビュー]をクリックしてみてもデフォルトのテンプレートで表示されるので、タイトルと記事しか出てきません。

スポンサーリンク