All in One SEO Pack でGoogle Analytics を使う

All in One SEO Pack はその名のとおり SEO なんで、SEO 効果が期待でるだけでなく、アクセス解析の定番 Google Analytics のトラッキングコードを簡単に WordPress に組み込むことができます。

インストール

管理画面の[プラグイン]-[新規追加]でインストールして有効化すると、管理画面のサイドメニューの[ダッシュボード]の下に[All in One SEO]が現れます。

General Settings(一般設定)からおこないますが、基本的にはデフォルトのままで大丈夫です。

Home Page Settings は、HTML の meta タグを生成するための設定です。
ここで設定した内容が検索エンジンに認識されるので、キーワードなどよく考えて設定します。
具体的な設定例は、有名なプラグインですのであちこちで詳しく解説されていますので、そちらをご覧ください。

Google Analytics を使う

アクセス解析にもサーバー会社が提供しているものや有料のものなど様々なツールがありますが、無料で使える定番の Google Analytics を使う人は多いでしょう。

Google Analytics は、Analyticsのサイトから取得したトラッキングコードスニペットを タグの直前に挿入することになっていますが、WordPress ならば header.php の中に入れてしまってもかまいません。header.php をテキストエディッターで開いて</head>の前にスニペットを貼りつけるだけですから簡単です。カスタマイズという程のものでもありません。

しかしできるだけ自分でコードをいじりたくないという場合は、All in SEO Pack を使えばできます。 

Google Analytics の部分の設定は、[General Settings]-[Google Settings]の中にあります。このセクションは Google+と連携するための設定がほとんどですが、Google+を使っていなければその部分はなにもしなくて大丈夫です。

Google アナリティックスID: というところにトラッキングコード(UA-XXXXXXXX-X という形式のサイト識別番号)を貼りつけるだけです。
header.php にスニペットを組み込んでいるなどの場合は二重になってしまいますので、ここでは設定しないでください。

ML Site

管理画面、[All in One SEO Pack]-[Feature Manager]で、「XML Sitemaps」のところの[Activate]をクリックします。表示が[Deactivate]になったら有効になり、[All in One SEO Pack]のメニューに[XML Sitemap]が追加されるので、これをクリックします。

Filename は、サイトマップのファイル名になります。普通はそのまま “sitemao” です。
Notify Google にチェックをすると、更新があったら Googleに通知します。
Notify Bing も同様に Bing に通知します。
Post Type は投稿タイプなど何をサイトマップに含めるかの設定です。
Taxonomies はタクソノミーやタグも加えるかどうかの設定です。

少し下の方にいくと、「Excluded Items」というところに「Excluded Pages」があります。ここにはサイトマップに含めたくない、すわわち検索エンジンにインデックスして欲しくないページのパーマリンクを入力します。パーマリンクは、ドメインより下の部分(このページでいえば、wordpress/wordpress-527)です。

設定が終わったら一番下の[Update Sitemap]をクリックすると、sitemap.xml が更新されます。

一応必要な最低限の設定は以上です。あとはデフォルトで大丈夫だと思いますが、気になる方は、Google先生にお尋ねください。

スポンサーリンク