バックアップ

ないに越したことはありませんが、サーバーにトラブルが生じたり、ハッキングされてコンテンツを書き換えられたり、自分で間違ってカスタマイズしてしまったり、残しておかなければいけない記事を消してしまったり、いろいろなロラブルが発生するリスクは常にあります。

そういう場合に備える為にバックアップを心がけましょう。
レンタルサーバー会社などでは、定期的にバックアップしてくれているところもありますが、これはサーバーのディスクが壊れたとかレンタルサーバー会社に責任のあるトラブルに対処するためのもので、「自分でやったカスタマイズを間違えたので元に戻したい」といった場合などには対処してくれませんので自分でバックアップしておく必要があります。

WordPressの場合バックアップしないといけないのは、WordPressをインストールしたフォルダーやファイルの他に、データベースがあります。

フォルダーやファイルは、WordPress再インストールすれば回復できるものもありますが、インストールしたプラグインやアップロードした写真などのメディア、各種設定などをいちいち区別するのも大変なので、インストールしたルートフォルダー以下をまとめてバックアップすることをお勧めします。
バックアップには、FTPソフトを使用して自分のローカルディスクなどに保存します。

投稿記事の内容や登録されたユーザー情報などはデータベースに保存されています。
データベースは、MySQL が使われていますので、レンタルサーバーを利用している場合はたいてい phpMyAdmin という管理ソフトが使えるようになっているはずです。
phpMyAdmin を使ってデータベースをまるごとバックアップしておきます。

使っているデータベース名やユーザー名は、レンタルサーバー会社から提供されていると思いますが、自分で調べるには WordPress をインストールしたフォルダーの wp-config.php の中に書かれています(自分で手動インストールした場合はインストール時に入力した値です)。

XXXXXXXXのところは、それぞれの値がはいります。

phpMyAdmin を使ってバックアップする場合は、phpMyAdminにログインしたら、WordPressでs使っているデータベースを選択。

[エクスポート]を選択。
データベース中の全テーブルを選択。
エクスポートの形式(フォーマット)は、”SQL” を選択。
「ファイルに保存する」にチェックを入れる。
あとはデフォルトのままです。
で、[実行する]をクリックすると、XXXXXXXX.sql というファイル名でローカルにダウンロードされます。

リカバリー

ファイルの場合は、サーバーのインストール先フォルダーを空にしてから、ローカルのバックアップをアップロードするだけです。但し、元有った場所と別の場所にアップロードする場合は単純にはいきませんので、「WordPressの引っ越し」の記事をご覧ください。

データベースの方もデータベースを空にしてからインポートするだけです。

レンタルサーバー会社が簡易インストールの手段を提供している場合には、WordPressを再インストールすると新たにデータベースが作成されてデータベース名が前と変わっていることがありますので注意してください。
その場合は、バックアップした wp-config.php をそのままアップロードするとデータベースと接続できなくなります。

スポンサーリンク